測技協セミナー

測技協 測量CPDポイント対象
平成20年度 受託研究成果 報告会
開催時間 13:00~16:35  (受付開始12:30)
会場名 測量年金会館 大会議室
対象 測量業界全般
参加費 測技協会員:無料(資料代別)
一般:3000円(資料代含む)  当日支払い
定員 100名
申込受付期間 2009年10月2日(金)~2009年10月19日(月)
測技協セミナー一覧へ戻る 印刷用PDF
概要 詳細は右上の「印刷用PDF」ボタンから確認願います。
今回で4回目となる『平成20年度 受託研究成果 報告会』を、本年も以下のとおり開催いたします。
この報告会は、測技協活動の重要な業務となっている受託研究に伴う技術開発活動の内容を、測量業界全般で広く共有し、各位の技術の向上の一助となることを目的としており、毎年好評を得ております。
なお、「先端測量技術101号」に本報告内容を特集しますので、会員の方は資料として持参願います。(会場にて購入する場合:販売価格1000円)

◆Part1 ISO/TC211(地理情報標準)に関する研究活動
   ・平成20年度地理情報標準の整備・普及に関する調査検討業務 大伴 真吾 測技協GISセンター(朝日航洋(株))
   ・土地管理領域モデルの国際標準に関する調査検討業務
   ・国際標準化機構専門委員会(ISO/TC211)におけるLADM資料検討業務 藤原 敏郎 測技協GISセンター

◆Part2 製品仕様書整備に関する研究活動
   ・応用測量作業における地理情報標準の普及に関する調査検討作業 小出 和政 測技協GISセンター(国際航業(株))
   ・航空レーザ測量による精密標高データ製品仕様書検討業務 畠 周平 空中計測・マッピング部会

◆Part3 基盤地図情報の整備・利活用に関する研究活動
   ・基盤地図情報整備に係る技術説明会開催業務 小出 和政 測技協GISセンター (国際航業(株))
   ・デジタルオルソの品質基準の調査検討作業 山田 秀之 測技協GISセンター(アジア航測(株))
   ・平成20年度広域における地理空間情報の整備・更新モデル検討業務 竹本 孝 測技協GISセンター(国際航業(株))

◆Part4 地理空間情報の普及・利活用に関する研究活動
   ・平成20年度減災を目指した国土監視技術の開発に関する運営委員会支援業務 山田 秀之 測技協GISセンター(アジア航測(株))
   ・航空レーザ測量による精密地形データの防災活用セミナー実施に関する支援業務 滝澤 昭博 空中計測・マッピング部会(北海航測(株))
   ・平成20年度地理空間情報の横断的利活用促進のための情報提供手法に関する調査 羽鳥 友彦 測技協GISセンター
   ・平成20年度国土数値情報等利活用事例収集業務
注意事項 ・ご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関するお客様へのご連絡など、本セミナーの開催運営を目的として利用いたします。
また、当該個人情報は、セミナー内容の改善のため、測技協のみが取り扱い、当協会の個人情報保護方針に基づき厳重に管理します。
http://www.sokugikyo.or.jp/privacy_policy.html
備考 研究発表
主催 (財)日本測量調査技術協会 技術委員会
協賛 なし
お問い合わせ先 (財)日本測量調査技術協会セミナー事務局
E-Mail : kenshuと@とsokugikyo.or.jpを合わせてメールにて問い合わせ願います。
TEL:03-3264-4489 FAX:03-3234-5327
ホームページ:http:/www.sokugikyo.or.jp
測技協セミナー一覧へ戻る