ホーム >測技協セミナー一覧 >測技協セミナー詳細

地理空間計測・活用技術セミナー 2017 in 仙台

 
CPD

測量CPD / 設計CPD 認定プログラム
(午前2ポイント 午後4ポイント)
測技協の継続教育(CPD)についてはこちら

開催日
開催時間

2017年11月17日(金)
9:50~17:05    受付開始:9:20

会 場

TKPガーデンシティ仙台勾当台 ホール1
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-sendai-koutoudai/access/

参加費
(税込)

一般3,000円、測技協会員2,000円、学生1,000円
※当日集金

 午前のみの参加、午後のみの参加も同額

定 員 150名 (定員に達し次第締め切ります)
申込受付期間 2017年10月17日から11月10日12時
事前受付期間終了
(開催当日に直接会場での受付可能です)


測技協セミナー一覧へ戻る 印刷用PDF
概 要

プログラム等の詳細(PDF)は印刷用PDFボタンからご覧になれます。

 ※このイベントは終了しました。
 基調講演 横山隆三氏のテキストページ(カラー版)は こちら

 ICT技術を利用したi-Constructionは、今や業界にとって避けて通れない状況にあり、より積極的に推進していく立場にあります。3Dデータに代表される地理空間情報の取得、加工及び応用分野における技術開発・技術普及の飛躍が、今後の「生産性革命」と「新ビジネス創出」に大きく影響しています。
  本セミナーでは、i-Constructionの建設プロセスにおける最も重要かつ基盤となる地理空間計測技術について、最新技術の紹介と利活用動向を報告いたします。また、仙台での開催にちなみ、震災の復旧・復興に関する技術展開やそれらに関連する話題を提供いたします。
 ●本セミナーは公益財団法人日本測量調査技術協会(東京都)へWEB中継いたします。
 ●ツイッターアカウント @SKG_Events ハッシュタグ、#GAT_SDで本セミナーの模様をツイートします。

 本セミナーは測量CPD、設計CPDの認定プログラム(計6ポイント)です。
 測技協会員以外の一般の方も参加いただけます。
 参加費(税込):測技協会員(会員企業に所属の方)2,000円、一般(非会員)3,000円、学生1,000円
 事前に定員に達しない場合に限り、当日会場受付も行いますが、CPDポイント取得に使用できる「参加証明書」をご希望の方は、なるべく事前登録をお願いいたします。

 このページの下の「セミナーお申込み」ボタンからお申込みください。一度に5人まで登録できます。


 ◆お申し込みに際し、ご留意いただく点
    ● 「セミナーお申込み」ボタンより、申込みフォームのURLをお送りするメールアドレスを入力いただきます。 
      入力いただいたアドレスに「申込みフォームのURLを記載したメール」を自動配信いたしますが、届かないケースがございます。
      以下についてご確認の上、届いていない場合は下記の問い合わせ先までお知らせください。
       1)迷惑メールフォルダに振り分けられている
           ・・・
一番多いケースですので必ず迷惑メールフォルダをご確認ください。
       2)メールアドレスの入力誤り
           ・・・
お手数ですが再度お申込みください。
       3)使用しているサーバのセキュリティ上、自動配信のメールが届かない、削除される
           ・・・
メール等でご連絡下さい。URLを記載したメールをご指定のアドレスに直接お送りします。
    ● 申込みフォームのURLを記載したメールは、配信後24時間でURLのアクセスが無効となります。
      その際にはあらためてセミナー申し込みボタンから登録をお願いいたします。


 ※本セミナーは午前のみ、午後のみの参加が可能ですが参加料は全日参加と同額です。
 

Geomatics & Applied Technology Seminar 2017 in SENDAI

地理空間計測・活用技術セミナー 2017 in 仙台


【プログラム】  詳細は ---> こちら(pdf)

●技術セミナー1

 1:高度化する地理空間情報社会と標準化 -測技協の取り組み- (測技協 太田有紀)
 2:未来の地理空間情報社会と測量のかかわり
  ~測技協GIS部会の活動を通して~ (測技協GIS部会 中野 崇)
 3:液状化判読のための空中写真による判読要領、判読チャート
                        (測技協国土管理・コンサル部会 安田岩夫)

●災害復興ワークショップ1

 4:福島ロボットテストフイールドの活用に向けての活動 (株式会社菊池製作所 一柳 健)
 5:固定翼ドローンによる災害復興、台風豪雨災害の3D計測事例
                       (タックエンジニアリング株式会社 原田昌大)
 6:東日本大震災遺構等の3Dデジタルアーカイブ作成における計測手法について
                             (東北大学学術博物館 鹿納晴尚)

●基調講演
 7:『一定垂直倍率立体地形解析図とその応用』
       岩手大学名誉教授 株式会社横山空間情報研究所 代表取締役 横山 隆三

●災害復興ワークショップ2
 特別講演
 8:『200億円の義援金が集まった台湾』 (小説家・エッセイスト 木下諄一)

●技術セミナー2

 9:準天頂衛星みちびきが創る未来 
              (一般財団法人衛星測位利用推進センター 専務理事 三神 泉)
 10:航空レーザ測深(ALB)の河川への適用事例(測技協レーザWG 岡崎克俊)
 11:Pegasus:BackPackによるi-constructionへの取り組み ・九州災害調査への利活用
                            (ライカジオシステムズ株式会社 桑野裕士)

プログラムは変更になる場合がございます。

注意事項

 いただいた個人情報は、本セミナーの開催運営を目的として利用いたします。
 また、当該情報は、測技協のみが取り扱い、当協会の個人情報保護方針に基づき厳重に管理します。
 測技協のプライパシーポリシー
 http://www.sokugikyo.or.jp/privacy_policy.html

CPDの証明

 このセミナーは測量CPDと設計CPDの認定プログラムです。
 希望者には参加証明書を交付いたします。
 この参加証明書は測量CPD、設計CPDのポイントの取得申請に使用できます。
  ●午前2ポイント 午後4ポイント
 (遅刻、途中退場等があると、証明書を発行できない場合があります。)
 
 CPDの具体的な取得方法については各団体にお問い合わせください。
  測量CPD -->測量系CPD協議会 https://www.jsurvey-cpd.jp/
  設計CPD※ -->全測連 http://www.zensokuren.or.jp/
      ※設計CPD認定プログラムのポイントは、全測連を含んだ17団体で構成されている
       
建設系CPD協議会のCPD制度との連携が行われています。
       詳細は全測連または建設系CPD協議会の各団体にお問い合わせください。

主催 公益財団法人日本測量調査技術協会
技術委員会
地理空間計測・活用技術セミナー 2017 in 仙台 実行委員会
後援

国土交通省国土地理院
一般社団法人建設コンサルタンツ協会東北支部
一般社団法人全国測量設計業協会連合会

お問い合わせ先

公益財団法人日本測量調査技術協会 研修係
E-Mail:kenshu【アットマーク】sokugikyo.or.jp  【アットマーク】を@に変えて送信してください。
TEL:03-3362-6840  FAX:03-3362-6841


測技協セミナー一覧へ戻る
ページの先頭へ