ホーム > 刊行物 > 図書 > 航空・衛星写真画像ハンドブック

刊行物

航空・衛星写真画像ハンドブック

航空・衛星写真画像ハンドブック

CAD/CG/GISユーザーのための航空・衛星写真画像ハンドブック


価格 3,600円+消費税    発送料別途
発送料のめやすはこちら(PDF)

平成20年7月発行 B5判 オールカラー192ページ
ISBN 978-4-7722-3117-6 C3055

財団法人 日本測量調査技術協会
津留宏介・峰島貞治・古本秀明・馬河紘子 /編著
古今書院
現在、Google Earthなどインターネットを通して、航空写真画像や衛星画像を簡単に閲覧したり、入手できるようになっています。
しかしながら、地球表面を忠実に写し撮り、あたかも現実世界がそこにあるかのように見える写真画像や衛星画像には、隠れた特性が多くあります。
航空写真や衛星画像の利用者は、このような特性を十分理解したうえで、各種画像を活用することが望まれます。
本書は、当協会の技術委員会空中計測・マッピング部会に所属する航空写真測量や衛星画像解析の実務技術者が中心になって、専門外の方や初学者向けにまとめたものです。
可能な限り最新の航空写真や衛星画像に関する技術要素を網羅することに努めましたので最新技術をもう一度レビューしたいと思っている方にも格好のテキストです。

目次

1  あなたにもできる位置を持った画像の利用例 4  画像の撮影方法
1.1  インターネットでの利用 4.1  画像を取得する
1.2  個別PCでの利用 4.2  航空カメラ
2  GISに利用される画像の理解 4.3  地球観測衛星
2.1  画像の利用方法 5  画像の種類と入手
2.2  GISに利用される様々な画像 5.1  様々な画像
2.3  画像はどのように作られるのか 5.2  画像への付加技術
2.4  画像が持つ情報量 5.3  画像の選択
2.5  画像の品質(画質) 5.4  画像の入手
3  画像と地図の重ね合わせ 6  画像の利用と保管
3.1  画像と地図はピッタリ重ならない 6.1  画像を使ってみよう
3.2  画像と地図を重ねる 6.2  画像を保管する
3.3  写真図を作成する  

申込はこちら
公益財団法人 日本測量調査技術協会

刊行物

図書
先端測量技術
目次検索

事業紹介

測技協スケジュール

技術委員会自主研究等

航空レーザ計測アーカイブズ

測量機器性能表

緊急撮影